105系-img

105系

105系電車は、日本国有鉄道が1981年(昭和56年)から製造した直流通勤形電車である。国鉄分割民営化後は東日本旅客鉄道と西日本旅客鉄道に承継されたが、JR東日本は既に全廃されている。それまで地方電化線区で使用されてきた旧形電車を代替するもので、小単位編成組成に適したシステムを備える。三大都市圏で使用する通勤形電車は、1980年頃までに一部を除き新性能電車への置き換えが完了していた。しかし、それ以外の地方電化ローカル線には依然として戦前から1950年代に製造された吊り掛け駆動方式の40系や72系などのいわゆる「旧形国電」が数多く残存し、製造後30年以上が経過して車体の老朽化や設備の陳腐化が進んでいた。一部には車体を新性能車と同等のものに更新した「アコモ改善車」と呼ばれる車両も存在したが、走行性能や整備面での新性能車との差が大きく、車両運用上の支障となった。このため、これらの路線の旧形国電は大都市圏の線区に最新式の車両を投入する事で捻出される新性能電車を転用および新製増備で置き換えを進める構想を立てていた。 だが、利用者の少ない時間帯に2両編成の列車を運行している路線では、既存の新性能車両では置き換えにくい事情があった。旧形国電では走行に必要な機器は電動車1両で完結した状態ですべて搭載しており、MT比1対1の2両編成を自在に組むことが可能なシステムを持っていた。これに対し101系以来の新性能電車は長編成を組む大都市圏での運用を前提に電動車2両で1つの機構として完成するユニット電動車方式(MM'方式)を採用しており、2両編成を組んだ場合は2両とも電動車とならざるを得ない。これはローカル線では過剰性能の上に不経済であり、変電所容量などに問題が出る可能性もあった。そこで、旧形国電と同様にMT比1対1の2両編成を組むことができるように、103系をベースに電動車1両に走行機器を集約した構造を持つ車両として開発されたのが105系である。これが「1M方式」であり、後年同様の思想を持って誕生した車両(119系)を含めて「1M国電」や「新性能1M国電」という通称で呼ぶこともある。引用 - Wikipedia
戻る

下関総合車両所105系配置表

u01

u01

u02

u02

u03

u03

u04

u04

u05

u05

u06

u06

u08

u08 20.3.31廃車

u09

u09 20.3.31廃車

u10

u10

k01

k01

k02

k02

k06

K06

k07

K07

k08

K08 19.3.27廃車

l01

l01

l02

l02

戻る
freepikcom-logo


Top