123系-img

117系

117系電車は、日本国有鉄道が1979年から製造した直流近郊形電車。1979年から1986年にかけて、主に老朽化した153系の代替用として216両が製造され、1987年の国鉄の分割・民営化時にはJR東海に72両、JR西日本に144両がそれぞれ承継された。京阪神地区の東海道本線・山陽本線で運行している新快速には、1972年からそれまでの113系に代えて、山陽新幹線岡山駅開業に伴い余剰となった急行形車両153系が投入されていた。冷房装置を搭載し、乗り心地の良い空気ばね台車であったものの、製造初年が1958年と古くボックスシートであり、デッキ付きの乗降口を両端に有する構造はラッシュ時の輸送に難点があった。また、元来は長距離の急行用車両であったため座席は比較的ゆったりしていたとはいえ、京阪間を運行する阪急電鉄京都線や京阪電気鉄道京阪本線の転換クロスシートを備えた特急車両に比べると見劣りしていた。117系はこれらの課題点を踏まえ、京阪神地区の輸送事情に適合する車両として設計された。客室設備は1975年に北九州地区に投入されたキハ66・67系を基本とし、急行形を上回る設備水準の車両として構想され、それまで一貫して車両の標準化を推進してきた国鉄が地域の事情に応じて設計、製造した嚆矢となっている。準急形として設計されたものの、急行形の設備水準をはるかに凌ぐ設備水準とされた157系にも類似する。新造開始後、本系列による新快速には153系時代の「ブルーライナー」に対して、「シティライナー」という新たな愛称が与えられた。さらに、1982年には東海道本線名古屋地区の快速に使用されていた153系の置換え用として、「東海ライナー」という愛称で名古屋地区にも投入されている。引用 - Wikipedia
戻る

下関総合車両所123系配置表

クロ116-7016

クロ116-7016

モハ116-7036

モハ116-7036

モハ117-7036

モハ117-7036

モハ116-7032

モハ116-7032

モハ117-7032

モハ117-7032

クロ117-7016

クロ117-7016

戻る
freepikcom-logo


Top