721系-img

721系

北海道旅客鉄道が1988年から製造した近郊形交流電車である。北海道内の電化区間、特に札幌近郊においては輸送需要の増加が著しく、新駅の設置や列車増発などの対応が図られてきた。当該区間は複線ではあるが待避設備をもつ駅が少なく、かつ、特急列車から回送列車まで多様な種別の列車が同一の線路を往来することから、列車運転頻度を向上するためには加速・減速性能に優れた車両が必要であった。また、バス・自家用自動車など競合交通機関の存在も無視できず、高品質の旅客サービス提供も課題とされた。従来から同区間で使用してきた711系電車や50系(51形)客車はこの条件に対応しきれないため、内外装の仕様を一新した新形式として開発された車両が本系列である。1988年11月3日に営業運転を開始した。当初はサイリスタ位相制御を用いた3両編成を基本とし、札幌駅を中心とする近郊区間で使用された。1992年には空港アクセス輸送(「新千歳空港駅乗り入れ快速「エアポート」)に対応する6両固定編成が製作され、翌1993年からは主変換装置を採用するなど仕様の変更を重ね、2003年まで製造された。製造は川崎重工業車両カンパニー・日立製作所笠戸事業所・東急車輛製造にて行われたほか、JR北海道苗穂工場でノックダウン生産された車両もある。引用 - Wikipedia
戻る
freepikcom-logo


Top