731系-img

731系

北海道旅客鉄道が1996年から運用している通勤形交流電車である。併せて登場したキハ201系気動車と並行して開発・制作された、JR北海道初の本格的な通勤形車両である。導入当時、札幌駅を発着する函館本線・千歳線・札沼線(学園都市線)は、札幌都市圏における人口の一極集中により、年4%の輸送量増加が続いていた。特に電化区間は列車によっては朝ラッシュ時に乗車効率が250%を超える状況にあった。当時電化区間の通勤・近郊輸送に用いられる電車としては、国鉄から継承した711系電車とJR北海道発足直後に投入した721系電車が用いられていたが、うち711系は1996年時点で試作車投入から30年を迎え老朽化が進んでいた。加えて、711系は加速度が1.1 kmと721系の半分であり、最高速度も110 km/hと721系(120 km/h、後年130 km/h運転も実施)より遅いことから、列車設定上の障害となっていた。また、711系は片側2扉であり、ステップの段差も高いことから、721系の1.7倍の乗降時間を要し、朝ラッシュ時に常時4~5分の列車遅延が常態化する状態となっていた。このため、711系の置換を目的とした本系列は721系並みの性能の確保に加え、本格的通勤車両として、オールロングシート、客室仕切り廃止、さらに気動車との協調運転対応など、従来のJR北海道の車両にはない仕様が盛り込まれた。1996年12月24日に営業運転を開始し、1999年までに3両編成19本(57両)が川崎重工業と日立製作所により製造され、711系初期車を置き換えた後、2006年に3両編成2本(6両)が一部仕様を変更して増備され生産を終了した。鉄道友の会より1997年度ローレル賞を受賞している。引用 - Wikipedia
戻る
freepikcom-logo


Top