ED76型-img

ED76型

九州地方の電化延長に際し、従前より使用してきたED72形・ED73形の増備用として開発された。既存2形式が搭載する水銀整流器は運用や保守に特段の注意を要する難点があったことから、先にシリコン整流器を装備して開発されたED75形の基本設計を基に、九州の輸送事情を考慮した仕様変更がなされた車両である。 1965年から製造を開始した。1968年には北海道地区の電化開業用として500番台が開発された。使用環境の差異から、九州仕様とは内外構造の相違点が多い車両であったが、車軸配置と列車暖房方式が共通であることを理由[注 1]としてED76形の一区分番台とされた。 九州用・北海道用あわせて139両が製造されている。2017年現在、JR貨物の電気機関車では唯一現役のD級車である。引用 - Wikipedia
戻る

門司機関区ED76型配置表

ed76 81

ED76 81

ed76 83

ED76 83

ed76 1015

ED76 1015

ed76 1016

ED76 1016

ed76 1017

ED76 1017

ed76 1018

ED76 1018

ed76 1019

ED76 1019

ed76 1020

ED76 1020

ed76 1021

ED76 1021

ed76 1022

ED76 1022

戻る
freepikcom-logo


Top