キハ200-img

キハ200

1991年(平成3年)、直方気動車区(現・筑豊篠栗鉄道事業部)に片運転台のキハ200形0番台と1000番台の2両編成が配置された。 そこでは、筑豊本線・篠栗線の快速列車に投入されることとなった]。この際、車体色に因んで「赤い快速」の列車愛称が命名された。 その後、1992年(平成4年)7月15日改正で指宿枕崎線の快速「なのはな」用として同番台が投入され、1994年(平成6年)3月1日のダイヤ改正では大村線経由で佐世保 - 長崎間を運行する快速「シーサイドライナー」にも投入された。 車体は普通鋼製20m車体で、片側3箇所にステップ付きの両開き扉を設置しており、前面は貫通扉を設けた構造となっている。 ブレーキシステムを電気指令式とし、自動空気ブレーキの在来車両との併結は考慮していないため、連結器は電車と同じ密着式のものを採用しているが、非常時に在来車と連結するための中間連結器を装備している。 走行用機関は新潟鉄工(現:新潟原動機)またはコマツ(220形200番台)の331kW(450PS)の出力のものを2エンド側に1基装備して連結面側台車の2軸を駆動する。 これに伴い排気管を車体外部の連結面に設置して室内スペースを確保しているが、両運転台付きのキハ220形では従来通り室内に排気管を貫通させている。 本系列の都市圏・ローカル双方に対応した大型車体の3扉転換シート(基本番台)、車体後方に集約した1基の450PS級機関による必要十分な走行性能や2両ユニットなどの特徴は2011年に登場したJR東海キハ25形気動車と非常に類似している。引用 - Wikipedia
戻る

大分車両センターキハ200系配置表

キハ200 1

キハ200 1

キハ200 2

キハ200 2

キハ200 3

キハ200 3

キハ200 4

キハ200 4

キハ200 5

キハ200 5

キハ200 11

キハ200 11

キハ200 13

キハ200 13

キハ200 103

キハ200 103

キハ200 104

キハ200 104

キハ200 105

キハ200 105

キハ200 1001

キハ200 1001

キハ200 1002

キハ200 1002

キハ200 1003

キハ200 1003

キハ200 1004

キハ200 1004

キハ200 1005

キハ200 1005

キハ200 1013

キハ200 1013

キハ200 1103

キハ200 1103

キハ200 1104

キハ200 1104

キハ200 1105

キハ200 1105

キハ200 5011

キハ200 5011

熊本車両センターキハ200系配置表

キハ200 101

キハ200 101

キハ200 102

キハ200 102

キハ200 1101

キハ200 1101

キハ200 1102

キハ200 1102

長崎車両センターキハ200系配置表

鹿児島車両センターキハ200系配置表

戻る
freepikcom-logo


Top