キハ150-img

JR北海道 キハ150

積雪急勾配線区における単行運転を考慮して開発された、高出力機関装備の両運転台式気動車である。 JR北海道が国鉄分割民営化の際に継承した、地方ローカル線用の車両のうち、キハ22形・キハ56系などは経年30年を超えていた。またキハ22形・キハ40形は単行運転可能なものの出力不足のため、冬季積雪時の排雪運転では閑散線区においても2両編成が必須となるなどの問題があった。 これらを解決するために開発された一般形気動車が本形式である。高出力機関を搭載して動力性能を向上し、北海道の一般形気動車で初めて冷房装置を搭載する(0番台のみ)など接客設備の改善もなされたほか、ワンマン運転設備の搭載、JR東日本キハ110系をベースとした車体構造、バス用汎用部品の採用など製造コスト削減も考慮された。 本形式は1995年までに27両が富士重工業で製造された。旭川運転所・苗穂運転所・苫小牧運転所の各所に配置され、地域輸送に使用されている。 引用 - Wikipedia
戻る

JR北海道 苗穂運転所・苫小牧運転所キハ150系配置表

キハ150 17

キハ150 17

キハ150 107

キハ150 107

戻る
freepikcom-logo


Top